鬼滅の刃

買っちゃいました。
「若者の気持ちを理解するためには、若者の文化を知る必要がある」と研修で聞き、ならばと…。
いい意味で素直、悪い意味で単純なので、決めたら早い。

マンガを買ったのは中学の時の「ジョジョの奇妙な冒険」以来かも。
ジョジョは好きだったな。
ジョナサンから始まりほとんど出てこない息子のジョージ、そして孫のジョセフ。
波紋の頃が面白かった。
ツェッペリさん、リサリサ、シーザー、スージーQ、ディオなど。
もう一回読みたいな。
波紋シリーズだけまた買っちゃおうかな…。
あと荒木飛呂彦の「魔少年ビーティー」も兄貴が買ってきたのをよく読んでたな。
すずめばちを捕まえて眠らせる方法は今でも覚えてるなぁ。

「鬼滅の刃」
最初、つまらなかったら困るので1巻だけ買って読まずに放置。
子供が先に読んで「パパ、早く次を買って」と言われ、読まないまま5巻まで買う。
そんな時、酔っ払いついでに読んだら面白い!!!
20巻まで買って完読してしまいました。

ねづこはかわいい、柱はかっこいい、たんじろうは無限の受容力を持ったペップトーカー!
子供以外の若者とはまだ鬼滅話をしていませんが、自分がどこまでついていけるのか楽しみです。

P.S.
「鬼滅の刃」と並行して「進撃の巨人」もインプット中。
全巻いいっちゃおうと思いましたが、今は休止中です…。