眼科検診

最近、「視力が落ちたなぁ」と感じていた所、次女が「眼鏡を作り直すために眼科行く」と言うので、私の目も見てもらおうと思い一緒に眼科に行ってきました。
その眼科は、視力回復のコンタクト(オルソケラトロジー)もやっており、私自身は「眼鏡というよりはオルソケラトロジーで視力回復だ」なんて思って行きました。

ここで私の視力変遷を説明するとこんな感じです。
高校生まで:1.2~1.5
浪人時代:1.2→0.3
大学時代:0.3→1.2
その後:0.7~1.2
注目すべきは、浪人時代の急悪化と大学時代の急改善。
浪人時代は真面目に勉強をしていたので、どうやら目が悪くなったようです。
大学入学時には「大学入って黒板が見えなかったら困る」と思い、わざわざコンタクトを作った記憶があります。
あの頃のコンタクトはワンデーなどなく、毎日コンセントにさして煮沸消毒するタイプです。懐かしぃ。
しかし視力0.3は日常生活ではほとんど支障がないんですよね。
出席する授業は黒板が見える一番前で受け、部活のアメフトは全く問題なし。
そんな生活を送っているうちにいつの間にか視力が回復していました。
お子さんの視力などが急に落ちたと感じる方は、仮性近視の可能性もありますので外でたくさん遊ばせるなど近くを見続ける時間を減らすと回復する可能性はあると思いますよ。

眼科の話に戻りますと、検診は視力検査だけかと思っていたのですが、視力低下の原因が他にあるかもしれない、ということで、あれよあれよという間に眼圧検査、眼球の血管の検査?みたいなものもやらされました。
「金儲けが上手な眼科だな」と邪推…。

そして検診後の医者の見解。
「視力は0.8あり、その他異常は特にありませんね。矯正はしようと思えばできますが、老眼がきつくなりますよ。老眼はまだ来てない?でも、そのうち来ますよ。まぁ、年齢による衰えですね。がっはっはー。」
診察終了。
オルソケラトロジーなんて言えませんでした…。
今でもプロジェクターの文字など見えにくいこともありますが、年齢による衰えということでうまく付き合っていこうと思います。