皇居へ

GWに東京駅の近辺で時間があったので、子供2人と皇居に行きました。
日本で生まれて41年目にして初めての皇居。「江戸城跡」ということで、ちょっとしたお城の跡でもあるのかと期待して行きました。
以下、皇居を経験した際の所感です。
(マイナスコメントもありますが、私は天皇陛下の制度は存続すべきだと思っていますし、敬っております)

①皇居は江戸城跡というよりは公園
お城っぽい構造物といえば、石垣と門くらい。

②とにかく広い
今回は春先だったからよかったが、夏は暑くて奥まで行ったら戻って来るのが大変そう。でも都心の一等地にこの敷地はすごい!「生産性」なんて考えてはいけない。

③樹木、植物がたくさんある
ちょっとした散策もできて、緑の香り(マイナスイオン)を感じることができた。

④門番は警察
皇居の門番は、ガードマンではなく警察。改めて考えると当たり前かもしれないが、門番が警察なのか~、と。税金がたくさん使われているんだな~、と。

⑤宮内庁は皇居内にある
知りませんでした。皇居マップを見て「へ~」。

⑥外国人多い
ガイドブックに「the Imperial Palace」とあり、銀座からも近いので来るのだと思うが、自分が外国でココに来たことを想像すると、つまらないのではないかと思う。なぜなら、ただの広い公園だから。でも、ゆっくり芝生で横になりたくて来る分にはありがたい場所ではある。

私も皇居内での終盤に疲れてしまい、芝生で横になりました。気持ちよかったです。
そして私が寝ている間に子供たちが四つ葉のクローバーを探し始めました。そしたら次々と見つけ始めたため、生まれてから一度も見つけたことのない私も探し始めました。

そして、発見!
(小さいですが四つ葉です)

皇居はもう行かなっくてもいいかな、と思っていましたが、四つ葉のクローバー探しならまた行ってもいいかな…。