インフル初体験

先日、人生初のインフルエンザに苦しみました。
月曜日の午後から咳が出始めたので、その日は内科で咳の薬だけもらい10時間以上寝ました。
しかし火曜日の朝目覚めると、まだ咳が出るうえ、ちょっとだるい…。
今までの経験では、1日長く寝れば回復していたのですが今回は何かが違う。
通常であれば多少の体調不良なら昼休みに走るのですが、この日は走る気力が湧かない。

そしてとうとう火曜日の深夜に来ました。
午前2時頃、激しい頭痛で目が覚めました。
インフルエンザは経験したことなかったですが、高熱であろう体の状態からとうとう来たかと。
すぐにでも病院に行きたい所でしたが、インフルエンザの検査は高熱が出て12時間以上経たないと駄目、とのことで、翌日昼までは、うとうとしつつも時々来る激しい頭痛で夢と現実の世界をさまよいました。

昼に病院に行くと、インフルエンザA型と診断。
体温は38.7℃。昼でこの体温だとすると夜は39℃を越えていたかもしれません。
これで種なしかも。(笑)
その後、処方箋薬局でリレンザという粉薬を2本吸い込んだのですが、これは効きますね。
子供ほど即効性はないですが2日後には爽快になりました。

今回のインフルエンザの体験でひとついい情報を得ることができました。
それはインフルエンザ薬は感染していなくても手に入れることができる、とのこと。
感染していないので健康保険を使うことはできませんが、頼めばお医者さんは処方箋を書いてくれて、費用は薬代も入れて7,000円程度だそうです。
これって例えば受験生など、どうしても感染(発症)するわけにはいかない人にとっては、必須のアイテムなのではないかと思います。
インフルエンザに感染したら受験どころではないですよね。
別室で受験できる、なんて聞きますが、そもそも高熱じゃ考えられる状態じゃないですし。
1年の頑張りを7,000円でリスク回避できる可能性があるなら、安いもんですね。
どうしても発症させては駄目!というイベントがある方は、是非ご準備を。

私の次の感染は、42年で1回と考えると次は84歳の時ですかね。