社会貢献

豊清工業株式会社は、社会に生かされているとの意識を持ち、社会への持続的な貢献を目指していきます。そのために事業を通じ、顧客に心から満足していただくことにより、会社およびはたらく人に利益をもたらし、その利益の一部を地域社会に還元する取り組みを進めてまいります。

とはいえ私たちは、社会貢献を考え始めてからあまり時間が経っていないこともあり、内容としては未熟な部分があるとは思います。しかし一歩一歩、少しでも社会に貢献できるようにできることから着実に取り組んでいきます。

現在豊清工業では、居室、休憩所にお菓子、コーヒーを準備し、従業員にはコーヒー代という形で任意の金額を寄付してもらっています。

みんなの気持ち(寄付累計額):161,483円

<寄付先>

1. 「あしなが育英会」への寄付支援(リンク:https://www.ashinaga.org/

「あしなが育英会」とは、病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親が重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちを物心両面で支える民間非営利団体です。
「親のせい就学できない子供をなくしたい」という思いで支援をしています。

・2017年1月17日寄付pdf

・2017年7月11日寄付pdf

・(NEW)2018年4月10日寄付pdf

 

2. 「セーブ・ザ・チルドレン」への寄付支援(リンク:http://www.savechildren.or.jp/

「セーブ・ザ・チルドレン」とは、子ども支援活動を行う、民間・非営利の国際組織です。日本では、1986年にセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが設立され、国内外で、行政や地域社会と連携し、子どもたちとともに活動を行っています。海外では保健・栄養、教育などの分野で活動するほか、自然災害や紛争における緊急・人道支援を実施。また、国内では、子どもの貧困問題解決や子ども虐待の予防などに向けた事業のほか、東日本大震災や熊本地震における緊急・復興支援を通して、子どもの権利を実現する活動を行っています。
「子供の貧困や虐待をなくし健全に成長してもらいたい」という思いで支援をしています。

・(NEW)2018年4月10日寄付pdf