~滝ブログ アシリベツの滝~  建設調査課 梅澤

建設調査課の梅澤です。前回のブログ(1年前)で北海道の滝を紹介しましたが、今年も計画年休を取得して北海道の滝巡りをしてきました!10箇所以上回ったのですが、今回はその中からいくつか紹介したいと思います。

最初に紹介するのは、札幌市にある滝野すずらん丘陵公園内にあるアシリベツの滝です。
日本の百選の一つに数えられる滝です。去年訪れたときは、コロナ過の影響で、公園が閉鎖されていたため見ることができなかったので、リベンジです。

滝野すずらん丘陵公園は北海道唯一の国営公園で、自然豊かにもかかわらず園内はとてもきれいに整備されており、休日にのんびり過ごすにもいい所ですね。キャンプもできたり、いろいろイベントもやっているようです。

アシリベツの滝は、落差は26mですが、奥にそびえるように美しく流れる姿は、落差以上にに大きく見えます。この日は心配していた天気も快晴で、きれいな写真が撮れました。
滝は左右2連に分かれていますが、なんとなく華厳の滝のような雰囲気がありますね。

次に紹介するのは、苫小牧市にある七条大滝です。支笏湖の近くにあります。
国有林の林道の入口にある駐車場からは徒歩で約30分。林道の道幅はあるのですが、一般車両の乗り入れは禁止のようです。鬱蒼と広がる森の中で野生の鹿と何度も目が合いました。一人で歩くのは熊がちょっと怖いですね…。途中から鈴をつけて歩きました。

七条大滝は落差は16m。水量はあまりありませんが、滝つぼまでいけるのが良いですね。冬はつららが物凄いらしく、人気の滝だそうです。崖の雰囲気も私の好きな感じです。

最後に紹介するのは、伊達市にある大滝ナイアガラの滝です。
落差は3mしかありませんが、支流から数十メートルにわたり本流の長流川に流れ落ちるので、とても見応えがありました。今回訪れた滝の中で、いい意味で一番予想を裏切られた滝ですね。駐車場からは、ウッドチップで整備された平坦な遊歩道を10分程度歩くだけですので、サンダルでもOKですね。ここから近くにある三段滝と共に紅葉が有名なようです。おススメの滝です。

今回の滝巡りでは、日本の滝百選の一つ、島牧村の賀老の滝も計画していたのですが、今は遊歩道閉鎖のため見学不可となっていて断念しました。今度北海道に行く機会に遊歩道の規制が解除されたらぜひ行ってみたいと思います。